学術業績一覧

学術発表の見方

名前が一番前にある場合

: 研究タイトルの実験の中心人物


名前が一番ある後ろにある場合

: 独立した研究室を持つプロジェクトのリーダー

学会発表、論文発表の見方:名前が

原著論文】

1) Tsuda Y, Mashimo T, Yoshiya I, Kaseda K, Harada Y, Yanagida T.

Direct inhibition of the actomyosin motility by local anesthetics in vitro.

Biophys J. 1996 Nov;71(5):2733-41


2) Kaseda K, Yokota H, Ishii Y, Yanagida T, Inoue T, Fukui K, Kodama T.

Single-molecule imaging of interaction between dextran and glucosyltransferase from Streptococcus sobrinus.

J. Bacteriol. 2000 Feb;182(4):1162-6.

*この論文をもとに、博士号(情報工学)を取得しました。


3) Kaseda K, Kodama T, Fukui K, Hirose K.

A novel approach for purification of recombinant proteins using the dextran-binding domain.

FEBS Lett. 2001 Jul 6;500(3):141-4. 


4) Uyeda TQ, Tokuraku K, Kaseda K, Webb MR, Patterson B.

Evidence for a novel, strongly bound acto-S1 complex carrying ADP and phosphate stabilized in the G680V mutant of Dictyostelium myosin II.

Biochemistry. 2002 Jul 30;41(30):9525-34.


5) Kaseda K, Higuchi H, Hirose K.

Coordination of kinesin's two heads studied with mutant heterodimers.

Proc Natl Acad Sci U S A. 2002 Dec 10;99(25):16058-63. 


6) Kaseda K, Higuchi H, Hirose K.

Alternate fast and slow stepping of a heterodimeric kinesin molecule.

Nat. Cell Biol. 2003 Dec;5(12):1079-82. Epub 2003 Nov 23. 


7) Yokota H, Kaseda K, Matsuura H, Arai Y,Iwane A, Ishii Y, Kodama T, Yanagida T.

Single-molecule imaging of the dynamic interactions between macromolecules.

J. Nanosci Nanotechnol. 2004 Jul;4(6):616-21.


8) Komatsu H, Shigeoka T, Ohno T, Kaseda K, Kanno T, Matsumoto Y, Suzuki M, Kodama T.

Modulation of actomyosin motor function by 1-hexanol.

J. Muscle Res Cell Motil. 2004;25(1):77-85.


9) Muto E, Sakai H, Kaseda K.

Long-range cooperative binding of kinesin to a microtubule in the presence of

ATP.

J. Cell Biol. 2005 Feb 28;168(5):691-6.


10) Komatsu H, Shinotani N, Kimori Y, Tokuoka J, Kaseda K, Nakagawa H,

Kodama T.

Aggregation of partially unfolded Myosin subfragment-1 into spherical oligomers

with amyloid-like dye-binding properties.

J. Biochem (Tokyo). 2006 Jun;139(6):989-96.


11) Kaseda K., Crevel I., Hirose K. & Cross R.A.

A single-headed mode of kinesin-5

EMBO Rep. 2008 Jun;9(8):761-5.


12) Kaseda K., McAinsh A. D. and Cross R.A.

Dual pathway spindle assembly increases both the speed and the fidelity of mitosis. Biol. Open 2012 Jan; 1(1):12-8


13) Mifude C and Kaseda K.

PDGF-AA-induced filamentous mitochondria benefit dermal papilla cells in cellular migration.

International Journal of Cosmetic Science 2015 Jun;37(3):266-71.


14) Miyata M, Mifude C,Matsui T, Kitamura H,Yoshioka H, Yamagishi S, Kaseda K.

Advanced glycation end-products inhibit mesenchymal-epidermal interaction by up-regulating proinflammatory cytokines in hair folliclesEuropean Journal of Dermatology 2015 Jul-Aug;25(4):359-61.

*「終末糖化産物AGE」で有名な山岸昌一教授(昭和大学)との共同研究


15) Maeda S, Matsui T, Ojima A, Suematsu M, Kaseda K, Higashimoto Y, Yamakawa R, Yamagishi S.

DNA Aptamer Raised against Advanced Glycation End Products Prevents Abnormalities in Electroretinograms of Experimental Diabetic Retinopathy.

Ophthalmic research 2015;54(4):175-80.

*「終末糖化産物AGE」で有名な山岸昌一教授(昭和大学)との共同発表


16) Matsushima K, Suematsu M, Mifude C, Kaseda K.

Primary cilia-mediated intercellular signaling in hair follicles

Integrative Molecular Medicine 2016;3(3):699-702.


17) Matsushima K, Kaseda K.

Dynamic behavior of primary cilia during cellular migration

International Journal of Sciences: Basic and Applied Research 2017;34(3):1-12.


18) Mifude K.C, Ishitobi H, Miyaki S, Kaseda K.

Mitochondrial regulation in the pathogenic process of inflammatory arthritis by microalgal Mucidosphaerium species.

Molecular Medicine: Current Aspects 2017 Sep;1(1) 003


19) Miyata M, Iwata S, Mifude K.C, Tajima M, Kameyama M, Ihara M, Matsui T, Yamagishi S, Ishitobi H, Miyaki S, Kaseda K.

A novel Mucidosphaerium sp. from Beppu hot spring down-regulates inflammatory geneexpression in skin and articular cells.

Alternative Therapies in Health and Medicine(in press)

*「終末糖化産物AGE」で有名な山岸昌一教授(昭和大学)との共同研究


20) Kaseda K, Kai Y, Tajima M, Suematsu M, Iwata S, Miyata M, Mifude CK, Yamashita N, Seiryu WA, Fukada M, Kobayashi H, Sotokawauchi A, Matsui T, Yamagishi SI.

Oral administration of spa-derived green alga improves insulin resistance in overweight subjects: Mechanistic insights from fructose-fed rats.

Pharmacol Res. 2020 Jan 7;152:104633 [Epub ahead of print]

*「終末糖化産物AGE」で有名な山岸昌一教授(昭和大学)、「自律神経、スポーツドクター」として有名な小林弘幸教授(順天堂大学)との共同研究

*この論文をもとに、博士号(医学)を取得しました。




【総説】

1) 加世田国与士、樋口秀雄、広瀬恵子

「キネシンは本当に歩くか:片足を怪我した分子モータータンパク質の運動素過程の観察」

実験医学 2004 Apr; 22, 865-868


2)Kaseda K., McAinsh A. D. and Cross R. A.

Waking, hopping, diffusing and braking mode of kinesin-5

Biochem. Soc. Trans. 2009 Oct:37 (Pt5):1045-1049


3) 松島一幸、末松実佳、御筆千絵、加世田国与士

「毛乳頭細胞の一次繊毛の機能と加水分解酵母エキスによる制御」

FRAGRANCE JOURNAL 2014年6月号 20-27


4) 御筆千絵、加世田国与士

「毛乳頭細胞におけるミトコンドリア活性化機構と加水分解酵母エキスの効果」

FRAGRANCE JOURNAL 2015年8月号 60-63


5) Yamagishi S, Nakamura N, Suematsu M, Kaseda K, Matsui T.

Advanced Glycation End Products: A Molecular Target for Vascular Complications in Diabetes.

Molecular medicine 2015 Oct 27 ;21 Suppl 1:S32-40.

*「終末糖化産物AGE」で有名な山岸昌一教授(昭和大学)との共同発表


6) 宮田光義、 御筆千絵、 加世田国与士

「老化物質AGEによる脱毛機構」

FRAGRANCE JOURNAL 2016年1月号 34-37


7) 宮田光義、 御筆千絵、 岩田俊祐、 松島一幸、 加世田国与士

温泉藻類RG92による健康と美容の促進効果」


8) 加世田国与士

「アトピー性皮膚炎の発症予防における抗炎症性温泉藻類RG92の有用性」

アレルギーの臨床 8月号臨時増刊号特集 2016Aug; 36(9) 489:860-863


9) Mifude C, Kaseda K.

Spaping Up Mitochondrion in Motion

Dermatology Open Journal 2016 Jul:1 (2):38-41.

10) 加世田国与士

「アトピー性皮膚炎の発症予防における抗炎症性温泉藻類RG92の有用性」

アレルギーの臨床 2016 Nov;36(12) 492:1168-71


11) 御筆千絵、加世田国与士

「温泉酵母を用いた加水分解コラーゲン-エネルギー再生機構の促進による肌の再生」

FRAGRANCE JOURNAL 2016年12月号 38-43


12) 加世田国与士

「アトピー性皮膚炎の発症予防における抗炎症性温泉藻類RG92の有用性」

アグリバイオ 2017年 3月号 2017 Mar;1(3) 3


13) 宮田光義、御筆千絵、深田真紀、岩田俊祐、加世田国与士

「温泉善玉菌による美白効果」

皮膚の安全性・有用性評価法 ~in silicoの活用・in vitro試験・動物実験代替法を捉えた~

(技術情報協会) 2018年 5月31日, 271-281


14) 齋藤愛、御筆千絵、宮田光義、加世田国与士

「温泉善玉菌とおんぶ法」

メディカル・サイエンス・ダイジェスト 2018年 9月号, 42-43

*「2018年ノーベル生理学・医学賞」の本庶佑教授からの依頼で執筆


15) 宮田光義、 御筆千絵、 加世田国与士

「毛乳頭細胞の一次繊毛:シグナル伝達や細胞遊走における制御と機能」

FRAGRANCE JOURNAL 2018年10月号, 36-42


16) 宮田光義、 岩田俊祐、御筆千絵、 加世田国与士

別府温泉由来微細藻類Mucidosphaerium sp. RG92株の抗炎症作用

温泉科学 2018年12月号, 204-215


17) 宮田光義、 御筆千絵、 加世田国与士

「炎症性関節炎におけるミトコンドリアの調節と微細藻類Mucidosphaerium sp. RG92

抽出物の抑制効果」

温泉科学 2018年12月号, 216-223


18) 宮田光義、御筆千絵、加世田国与士

「毛乳頭細胞の新規調節機構」~ミトコンドリア、一次繊毛、終末糖化産物の観点から~

毛髪科学の新展開(シーエムシー出版) 2019年 9月24日, 48-59


19) 髙山愛、宮田光義、御筆千絵、岩田俊祐 、小林弘幸 、 加世田国与士

「温泉藻類 RG92 による QOL の向上 ~ヒト滑膜線維芽細胞における抗炎症作用~

FRAGRANCE JOURNAL 2020年4月号 44-48

*自律神経、スポーツドクターとして有名な小林弘幸教授(順天堂大学)との共同研究


20) 宮田光義、髙山愛、御筆千絵、岩田俊祐  、小林弘幸 、 加世田国与士

「スポーツ関節障害の要望・改善における別府温泉藻類RG92の有用性

Sportsmedicine 2020 NO.219 2020年4月, 42-44

*自律神経、スポーツドクターとして有名な小林弘幸教授(順天堂大学)との共同研究


21) 加世田国与士  

「ゼロから始める藻類研究・藻類ビジネス」

 藻類培養技術(情報機構)2021年10月7日 


【招待講演】

1) Kaseda K.

Hot springs energize hair follicle dermal papillae.

Cosmetic Dermatology and Hair Care(フィラデルフィア、2015 Dec)

2) Kaseda K.

Hot Spring Microorganisms Promote Health and Beauty.

Congress of Molecular & Cell Biology-2016(大連、2016 Apr)

3) 松島一幸、 加世田国与士

「毛乳頭細胞の一次繊毛を介した発毛調節機構と温泉由来原料」

第170回FRAGRANCE JOURNALセミナー(東京、2016 Oct.21)

4) 宮田光義、加世田国与士

「糖化誘導型脱毛症へのRG92による抑制効果」

第12回 糖化ストレス研究会 Society for Glycative Stress Research(東京、2017 May.28)

5) 加世田国与士

「攻めと守りの温泉効果で抜け毛を止めろ」

麻生ビューティーカレッジ A.B.C校友会2017特別セミナー(福岡、2017 Aug.28、Sep.12)


【国際学会発表】

1) Kaseda K., Yokota H., Ishii Y., Fukui K. and Kodama T.

"Single Molecular Imaging of Glucosyltransferase Reactions"

The 7th JST International Symposium, Osaka, Japan, February 1999

2) Uyeda Q. P. T., Katayama E., Kaseda K., Tokuraku K. and Patterson B.

"An extended prestroke A.S1.ADP.Pi state of G680V mutant dictyostelium S1

in the presence of ATP"

Biophysical Society, 45th annual meeting, Boston, US, February 2001

3) Kaseda K., Higuchi H. and Keiko H.

"Coordination of kinesin's two heads studied with mutant heterodimers"

Single Molecule Process Project Symposium on Dynamics & Function of Nano-Biomachines, Osaka, Japan, November 2002

4) Kaseda K., Higuchi H. and Keiko H.

"Coordination of kinesin's two heads studied with mutant heterodimers"

Biophysical Society, 47th Annual Meeting, Texas, US, March 2003

5) Kaseda K., Higuchi H. and Keiko Hirose

"Alternate fast and slow stepping of a heterodimeric kinesi molecule"

COE International Conference 2003, Kanagawa, Japan, November 2003

6) Kaseda K., Higuchi H. and Keiko H.

"Alternate fast and slow stepping of a heterodimeric kinesin molecule"

Biophysical Society, 48th Annual Meeting, Baltimore, US, February 2004

7) Kaseda K., Crevel I., Keiko H. and Cross R. A.

"A Single-headed mode of Eg5"

Biophysical Society, 52th Annual Meeting, Long Beach, California, US, February 2008

8) Kaseda K., Crevel I., Keiko H. and Cross R. A.

"A Single-headed mode of Eg5"

Microtubule Dynamics Workshop, Oxted, Surrey, UK, May 2008

9) Kaseda K., Keiko H. and Cross R. A.

"Drag-brake mechanism of a spindle motor Kinesin-5"

ASCB, 48th Annual Meeting, San Francisco, California, US, December 2008

10) Kaseda K., Keiko H. and Cross R. A.

"Drag-brake mechanism of a spindle motor Kinesin-5"

Biophysical Society, 53rd Annual Meeting, Boston, Massachusetts, US, March 2009

11) Kaseda K., McAinsh A. D. and Cross R.A.

"A ticking clock in mitotic prophase"

The Dynamic Cell - Joint Meeting of the Biochemical Society and the British Society for Cell Biology, Edinburgh, UK, April 2009 (selected oral presentation)

12) Kaseda K., McAinsh A. D. and Cross R.A.

"Role and mechanism of kinesin-5 in mitosis"

Beatson Institute Workshop, Glasgow, UK, September 2009

13) Kaseda K., McAinsh A. D. and Cross R.A.

"A Countdown clock in mitotic prophase"

ASCB, 49th Annual Meeting, San Diego, California, US, December 2008

14) Matsushima K, Mifude C, Suematsu M, Aramaki S, Tanaka M, Yasunaga T, Kaseda K.

"Primary cilia-mediated cellular signalling in dermal papilla cells"

7th World Congress for Hair Research (WCHR 2013) Edinburgh,Scotland, May 2013 ベストプレゼンテーション賞受賞

15) Mifude C, Kaseda K.

"PDGF-induced filamentous mitochondria benefit dermal papilla cells in high energy requirement stages"

International Symposium on Mitochondria, Tokyo, Nov 2013

16) Matsushima K, Suematsu M, Kaseda K.

"Effective cellular signaling from quiescent dermal papilla spheroids"

8th World Congress for Hair Research (WCHR 2014)、済州島,韓国,2014 May

17) Mifude C, Kaseda K.

"Advanced Glycation End-products inhibit mesenchymal-epidermal interaction by up-regulating proinflammatory cytokines"

8th World Congress for Hair Research (WCHR 2014)、済州島,韓国,2014 May

18) Miyata M, Suematsu M, Mifude C, Kaseda K.

"Filamentous mitochondria induced by PDGF-AA benefit dermal papilla cells in high energy requirement stages"

8th World Congress for Hair Research (WCHR 2014)、済州島,韓国,2014 May

19) Miyata M, Mifude C, Kaseda K.

"Advanced Glycation End-products inhibit mesenchymal-epidermal interaction by up-regulating proinflammatory cytokines"

Cosmetic Dermatology and Hair Care, Philadelphia, USA, 2015 Dec.

20) Matsushima K, Mifude C, Suematsu M, Kaseda K.

"Primary cilia-mediated mesenchymal-epidermal interaction"

Cosmetic Dermatology and Hair Care, Philadelphia, USA, 2015 Dec.

21) Mifude C, Kaseda K.

"The regulation of mitochondrial function in dermal papilla cells and the evaluation of hydrolyzed yeast extract"

Cosmetic Dermatology and Hair Care, Philadelphia, USA, 2015 Dec.


【国内学会発表】

1) 加世田国与士、小松英幸、津田祐里、柳田敏雄、児玉孝雄

"局所麻酔薬テトラカインが及ぼすアクチンフィラメント細胞骨格形態への影響"

第33回日本生物物理年会 平成7年9月

2) 加世田国与士、片山栄作、小松英幸、児玉孝雄

"局所麻酔薬はアクチンフィラメントの切断と架橋形成を誘起する"

生体運動研究合同班会議 平成8年1月

3) 加世田国与士、酒井量、小松英幸、児玉孝雄

"局所麻酔薬はα-アクチニンを介してアクチンフィラメントの架橋形成を引き起こす"

生体運動研究合同班会議 平成9年1月

4) 小松英幸、篠谷奈美、加世田国与士、児玉孝雄

"部分変性ミオシンサブフラグメントによるアミロイド様凝集体の形成"

第36回 日本生物物理年会 平成10年10月

5) 小松英幸、篠谷奈美、加世田国与士、児玉孝雄

"ミオシンサブフラグメントはアミロイド様繊維構造を形成する"

生体運動研究合同班会議(名古屋) 平成11年1月

6) 児玉孝雄、加世田国与士、松野秀輝、小松英幸

"グルコシルトランスフェラーゼはデキストラン上を滑るか?"

生体運動研究合同班会議 (名古屋) 平成11年1月

7) 加世田国与士、児玉孝雄、福井一博

"Streptococcus sobrinus 不溶性グルカン合成酵素反応の一分子イメージング"

第41回歯科基礎医学会 平成11年9月

8) 加世田国与士、横田浩章、石井由晴、福井一博、児玉孝雄

"グルコシルトランスフェラーゼ反応の一分子イメージング"

第37回 日本生物物理年会(東京)平成11年10月

9) 上田太郎、片山栄作、徳楽清孝、加世田国与士、Bruce Patterson

"G680V変異ミオシンの解析:安定なA.M.ADP.Pi複合体の形成"

生体運動研究合同班会議 (大阪) 平成12年1月

10) 加世田国与士、児玉孝雄、福井一博、広瀬恵子

"デキストラン結合ドメインを利用した新規組換えタンパク質精製法"

第38回日本生物物理学会(仙台)平成12年9月

11) 加世田国与士、横田浩章、石井由晴、福井一博、児玉孝雄

"不溶性グルカン合成酵素反応の一分子イメージング"

第16回日本微生物生態学会(茨城) 平成12年11月

12) 加世田国与士、児玉孝雄、福井一博、広瀬恵子

"デキストラン結合ドメインを利用した新規組換えタンパク質精製法"

第16回日本微生物生態学会(茨城) 平成12年11月

13) 加世田国与士、児玉孝雄、福井一博、広瀬恵子

"新規組換えタンパク質精製法;付加タグとしてのデキストラン結合ドメイン"

日本生物工学会九州支部大会(福岡)平成12年12月

14) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"従来型キネシンの2つの頭部は同じ役割を担っているか?"

第39回日本生物物理学会(大阪)平成13年10月

15) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"キネシンの2つの頭部は協力して力を発生する"

生体運動研究合同班会議(千葉)平成14年1月

16) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"従来型キネシンの2つの頭部は協力して力を発生する"

第40回日本生物物理学会(名古屋)平成14年11月

17) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"ネックリンカーのドッキングに欠損を持つヘテロダイマーキネシンの解析 "

生体運動研究合同班会議(福岡) 平成15年1月

18) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"ヘテロダイマーキネシンを用いた二足歩行モデルの直接検証"

第41回日本生物物理学会(新潟) 平成15年9月(ポスター)

19) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"ヘテロダイマーキネシンを用いた二足歩行モデルの直接検証"

第41回日本生物物理学会(新潟)平成15年9月(口頭)

20) 加世田国与士、樋口秀男、広瀬恵子

"ヘテロダイマーキネシンを用いた二足歩行モデルの直接検証"

生体運動研究合同班会議(東京) 平成16年1月

21) 小松英幸、木森義隆、加世田国与士、中川裕之、児玉孝雄

"ミオシンS1の変性とそれに伴う凝集"

生体運動研究合同班会議(東京) 平成16年1月

22) 松島一幸、御筆千絵、末松実佳、加世田国与士

"ヒト毛乳頭細胞一次繊毛の構造と機能の関係"

第27回日本皮膚外科学会総会・学術集会(盛岡)平成24年9月

23) 松島一幸、Miho Urano、御筆千絵、Iesha Milford、宮崎博文、伊原正喜、加世田国与士

"Isolation and Characterization of microorganisms in Beppu hot springs, Oita, Japan(別府温泉に生息する微生物の単離と特性)"

第28回日本微生物生態学会大会(豊橋)平成24年9月

24) 宮崎博文、岩田俊祐、末松実佳、松島一幸、御筆千絵、水田麻衣、山崎聡士、味八木茂、加世田国与士

"別府温泉で発見した藻類の高い抗炎症効果"

日本薬学会第133年会(横浜)平成25年3月 講演ハイライト賞受賞

25) 末松実佳、岩田俊祐、山崎聡士、宮崎博文、加世田国与士

"「別府温泉藻類由来糖脂質の炎症性関節疾患に対する効果"

第57回日本リウマチ学会(京都)平成25年4月

26) 松島 一幸、荒牧 慎二、田中 岬、御筆 千絵、末松 実佳、安永 卓生、加世田国与士

"Structure-function relationship of primary cilia in dermal papilla cells"

第112回日本皮膚科学会総会(横浜)平成25年6月

27) 岩田 俊祐、末松 実佳、山崎 聡士、宮崎 博文、味八木 茂、平田 誠、加世田国与士

"Anti-inflammatory effects of microalgae-derived galactolipids"

第112回日本皮膚科学会総会(横浜)平成25年6月

28) 加世田国与士

"別府の温泉資源を活用したファンゴ(温泉泥)の商品化に関する研究"

平成25年度温泉調査研究会 研究発表会(別府)平成25年7月

29) 末松 実佳、岩田 俊祐、柳瀬 輝樹、加世田国与士

"別府温泉藻類(RG藻類)由来糖脂質による型アレルギー及び皮膚炎に対する緩和効果"

第13回大分県栄養士会(大分)平成25年12月

30) 松島 一幸、末松 実佳、御筆 千絵、加世田国与士

"スフェロイド型毛乳頭細胞による一次繊毛を介した高効率な細胞間シグナル伝達"

第13回日本再生医療学会総会(京都)平成26年3月

31) 田中岬,松島一幸、加世田国与士、安永卓生

"電子顕微鏡法によるヒト毛乳頭細胞一次繊毛の構造解析"

第52回日本生物物理学会年会(札幌)平成26年9月

32) 田中岬,松島一幸、加世田国与士、安永卓生

"走査型顕微鏡を用いた生体状態に近い細胞の観察法"

日本顕微鏡学会第58回シンポジウム(福岡)平成26年11月

33) 松島 一幸、末松 実佳、御筆 千絵、加世田国与士

"Function of the primary cilium in dermal papilla cells and its regulation by hydrolyzed yeast extract"

第22回毛髪科学研究会 (東京) 平成26年11月

34) 御筆千絵、加世田国与士

"PDGF-induced filamentous mitochondria benefit dermal papilla cells in high energy requirement stages"

第14回日本ミトコンドリア学会年会(福岡)平成26年12月

35) 松島一幸、末松実佳、宮田光義、岩田俊祐、御筆千絵、山崎聡士、味八木茂、加世田国与士

"別府温泉藻類RG92による健康と美容の促進効果"

日本薬学会第135年会(神戸)平成27年3月

フレグランスジャーナル社 ベスト35

36) 宮田光義、御筆千絵、松島一幸、末松実佳、岩田俊祐、加世田国与士

"別府温泉藻類の健康・美容増進効果"

平成27年度大分県温泉調査研究会(別府)平成27年8月

37) 田中岬、松島一幸、加世田国与士、安永卓生

"走査型顕微鏡を用いた生体状態に近い細胞の観察法"

第56回顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会(宮崎)平成27年12月

38) 末松実佳、松井孝憲、宮田光義、山岸昌一、加世田国与士

"温泉藻類RG92のメタボリックシンドロームに対する効果の検証"

平成28年度大分県温泉調査研究会(別府)平成28年8月

39) 宮田光義、加世田国与士

"温泉酵母を用いた加水分解コラーゲンの抗アレルギー効果の検証"

平成29年度大分県温泉調査研究会(別府)平成30年8月


【特許】

1)「タンパク質の精製方法」特許取得(出願番号2001-28637)

加世田国与士、児玉孝雄、福井一博、広瀬恵子

2)「藻類体から抽出したエキスを含有する組成物、及び化用組成物、炎症性疾患の治療・予防薬及び新規微生物」特許取得(特許番号5676702号)(出願番号2013-167377)

加世田国与士、松島一幸、宮崎博文


【外部資金獲得】

1) 日本学術振興興会(旧:科学技術振興事業団)科学技術特別研究員

平成 13年 4月 ~ 平成 16年 3月

2) 日本学術振興会 特別研究員

平成 17年 4月 ~ 平成 18年 9月

3) 平成23年度おおいた地域資源活性化基金事業

「地域産業の活性化に向けた東洋ファンゴ(温泉泥)の製品開発及び事業化」

平成23年12月~平成25年2月

4) 平成24年度大分温泉調査研究会 調査研究事業(H24.10~H25.3)

「別府の温泉資源を活用したファンゴ(温泉泥)の商品化に関する研究」

平成24年10月~平成25年3月

5) 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金

「新種微細藻類培養生産と抽出エキスを用いた抗肌荒れ化粧品開発」

平成25年11月~平成26年8月

6) 平成26年度大分温泉調査研究会 調査研究事業

「別府温泉藻類の健康・美容増進効果」

平成26年10月~平成27年3月

7) 平成26年度おおいた地域資源活性化基金助成金事業

「加水分解カボス果皮エキス配合化粧品の開発」

平成26年12月~平成28年3月

8) 平成27年度大分温泉調査研究会 調査研究事業

「温泉藻類RG92のメタボリックシンドロームに対する効果の検証

平成27年10月~平成28年3月

9) 平成27年度戦略的基盤技術高度化支援事業(H27.10~現在)

「抗炎症作用に優れる別府温泉発の温泉藻類®を乾燥粉末状とした機能性食品素材の開発」

平成27年10月~現在

10) 平成27年度補正予算 海外ビジネス戦略推進支援事業

平成28年6月~平成29年2月

11) 平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金

「加分解カボス果皮エキス配合抗シワ薬用化粧品の開発」

平成28年7月~平成28年12月

12) 平成29年度大分温泉調査研究会 調査研究事業

「温泉酵母を用いた加水分解コラーゲンの抗アレルギー効果の検証」

平成29年10月~平成30年3月

13) 平成30年度地域資活用商品創出支援事業

メタボ予防効果に優れる温泉藻類®由来糖脂質の機能性素材としての開発

平成30年10月~平成30年3月

14) 平成30年度大分温泉調査研究会 調査研究事業

別府温泉藻類RG92の培養条件の検討

平成30年10月~平成31年3月

15) 平成31年度大分温泉調査研究会 調査研究事業

「別府温泉藻類RG92の培養における光波長の影響」

   平成31年4月1日~令和2年3月31日



Inspired by Uchi Lab

「科学のススメ」

トップページに戻る

© 2021 うちらぼ
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!